FX用語集」カテゴリーアーカイブ

スワップポイントとは

スワップポイントとは、2日後の基準通貨利息-異通貨の利率である。
厳密に言うと外国為替証拠金取引業者の手数料を引く為レベル通貨利率-異通貨の利率-外国為替証拠金取引業者の手数料となる。
利率の安い通貨を売り金利の高い通貨を買い保持し続けると、金利格差の差額分が添加になる為にスワップ秘訣を得る事ができ、反対に利息の高い通貨を売り金利の安い通貨を買い保持し続けると、金利格差の差額分がマイナスになる為にスワップポイントを支払わなければならない。
外国為替証拠金取引業者のスタンスによりスワップ秘訣は大きく異なる。
業者を選ぶ際のキーポイントとして、サポートやバックアップシステムの満喫度も挙げられます。
近場の口コミや評判は、業者さんにとって生き死にに係る問題となるので、応対が親切な時が多々あるとも言われているようです。自身の目的に当てはめた業者を選びたいですよね。

レバレッジとは

外国為替証拠金取引では、レバレッジを使用する事により、証拠金以上の外貨を取引する事が可能。
仮にレバレッジが100倍で取引したケース、1%の移り変わり(1ドル=100円から1ドル=101円100pips)が100%の変化になる。
レバレッジの倍率を高くするほど為替時価の変化による危険性は高まる。
2010年8月1日よりマックスレバレッジ50倍の規制が行われ、2011年8月1日より、最大限レバレッジ25倍の規制が金融庁より導入された。
ハイレバレッジと反対に証拠金と同額の外貨を取引する(レバレッジ1倍という)ケースは、外貨銀行預金に近いわりと低危険性な取引。
外国為替を原資産とした時、そもそも通貨の両替から派生しているが故に、上場の有価証券とは普通的にその特質が異なる。
実のところにはアイテム先物の証拠金取引はロス裁断ルール等の特約がない限り追証ルールがあり、入金期限以後のアイテム先物取引エキスパートの任意による強制決済か入金期限までの入金の選択が出来き若干の時的なゆとりがあるが、それとは異なり、損害が一定額を超えると、ロス裁断ルールによって強制的に反対売買がなされる。
加えてそれよりもロスの小さい段階で付け足し証拠金の差し入れ(追証)を請求される(マージンコール)時もある。
高いレバレッジであるほど、リターンが高まる分危険性が高まる事を認識しなければならない。
ここにおいて、レバレッジのコンセプトは想定資金のみならず評価損益をどの程度の頻度で管理すべきかというきわめて高度な信用危険性管理と表裏一体であるがゆえに、このところを行政・立法という公権力若しくは業界団体による自主ルールでの制定を行おうとする試みがあるが、一方で危険性管理技法は各金融アイテム取引プロによって大きく異なるというのが実状である。

FX(外国為替証拠金取引)とは

FX(外国為替証拠金取引)とは

外国ではForeign exchangeForex (Forex) と呼ばれる。

外国為替の取引では、必然的に「自国通貨と外国通貨とをチェンジする」事となり、そのチェンジ比率、つまり外国為替時価が成立する事になる。

「外為(がいため)」と略称で呼ばれる事も多々ある。

加えて、(やや普通の用法を逸脱するが、)銀行の外国為替業務と言った事例、外国為替時価が関わる外貨現金との両替業務(外貨現金の直接輸送があることが前提)や、外貨銀行預金に関わる業務(国際間の貸借関連を一概に前提としない)を含める事が多々ある。