レバレッジとは

外国為替証拠金取引では、レバレッジを使用する事により、証拠金以上の外貨を取引する事が可能。
仮にレバレッジが100倍で取引したケース、1%の移り変わり(1ドル=100円から1ドル=101円100pips)が100%の変化になる。
レバレッジの倍率を高くするほど為替時価の変化による危険性は高まる。
2010年8月1日よりマックスレバレッジ50倍の規制が行われ、2011年8月1日より、最大限レバレッジ25倍の規制が金融庁より導入された。
ハイレバレッジと反対に証拠金と同額の外貨を取引する(レバレッジ1倍という)ケースは、外貨銀行預金に近いわりと低危険性な取引。
外国為替を原資産とした時、そもそも通貨の両替から派生しているが故に、上場の有価証券とは普通的にその特質が異なる。
実のところにはアイテム先物の証拠金取引はロス裁断ルール等の特約がない限り追証ルールがあり、入金期限以後のアイテム先物取引エキスパートの任意による強制決済か入金期限までの入金の選択が出来き若干の時的なゆとりがあるが、それとは異なり、損害が一定額を超えると、ロス裁断ルールによって強制的に反対売買がなされる。
加えてそれよりもロスの小さい段階で付け足し証拠金の差し入れ(追証)を請求される(マージンコール)時もある。
高いレバレッジであるほど、リターンが高まる分危険性が高まる事を認識しなければならない。
ここにおいて、レバレッジのコンセプトは想定資金のみならず評価損益をどの程度の頻度で管理すべきかというきわめて高度な信用危険性管理と表裏一体であるがゆえに、このところを行政・立法という公権力若しくは業界団体による自主ルールでの制定を行おうとする試みがあるが、一方で危険性管理技法は各金融アイテム取引プロによって大きく異なるというのが実状である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。